m3.com トップ>医療維新>レポート|京都府立医大...>京府医大、病院長には北脇城・産婦人科学教授

京府医大、病院長には北脇城・産婦人科学教授

「Never give upで新生を」、竹中新学長(2017年4月1日追記)

2017年3月31日 高橋直純(m3.com編集部)


京都府立医科大学は3月31日、新たな学長に竹中洋・大阪医科大学元学長、病院長兼副学長に北脇城・京都府立医大教授(産婦人科)が就任したとする人事を発表した。いずれも4月1日付け。また、副学長の吉村了勇病院長、久保俊一教授、中川正法教授、渡辺能行教授が3月31日付けで退任にする。大学は退任の理由を「任期満了のため」と説明。北脇氏以外の副学長は、今後任命していく。大学は当初、4月初旬に竹中新学長の就任会見を行うとしていたが、「大学、病院運営が軌道に乗り始めると思われる」4月下旬に延期した。所信表明の骨...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事