m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

報告書公表、渋谷座長「医療者の働き方にメス」

2017年4月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)は4月6日、「敢えて医師数を増やす必要がない環境作り」の重要性を打ち出した報告書をまとめ、塩崎恭久厚労相に提出した。2008年度以降、医学部の定員増が続いていたが、この傾向に歯止めをかけ、医師数の「量」の議論から、医療の在り方や医師の働き方の議論、それを踏まえた施策の実現への転換を求める報告書と言える。今後、5~10年程度を基本軸とし、着手可能な施策...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事