m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>フィジシャン・アシスタントの創設、日看協が評価

フィジシャン・アシスタントの創設、日看協が評価

日看協、ビジョン検討会報告書を受け見解

2017年4月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本看護協会は4月7日、厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」の報告書の中で、医師から看護師へのタスク・シフティング、フィジシャン・アシスタントの創設などが打ち出された点について、「新たな医療における看護師への期待として前向きに受け止め、その実現に向け積極的に活動していく」との見解を公表した(資料は、日看協のホームページ)。4月6日に公表された同検討会の報告書では、タスク・シフティングなどが今後取り組むべき施策として掲げられている(『医学部定員増に歯止め...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事