m3.com トップ>医療維新>医師調査|女医の悩み2...>女性の労働力「0.8」、7割超が妥当◆Vol.13

女性の労働力「0.8」、7割超が妥当◆Vol.13

妥当でない場合は「1」が最頻値

2017年5月8日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の医師需給分科会では、医師の供給についての推計は、2016年度の入学定員9262人が続くと仮定。ただし、30~50歳代の男性医師の仕事量を「1」とした場合、女性医師は出産育児など、高齢医師は勤務時間の短縮などからいずれも「0.8」、研修医は経験や知識の少なさを鑑み、1年目は「0.3」、2年目は「0.5」とした(『医師需給、「2024年に約30万人で均衡」との推計も』を参照)。Q厚生労働省の医師需給分科会では、医師の仕事量を推計す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

女医の悩み2017に関する記事(一覧

「優秀な医師のニーズある」若手女医へのメッセージ、男性医師編◆Vol.15-2 2017/5/17

「学生時代に配偶者を」若手女医へのメッセージ、女性医師編◆Vol.15-1 2017/5/16

「男性、特に非婚医師へのしわ寄せ顕著」「給与面で『大幅な』差を」◆Vol.14-3 2017/5/15

「女性医師というだけで差別をする男性医師」「ガラスの天井」◆Vol.14-2 2017/5/12

「『ヤル気ない』と取られる不安」「女性間の格差も考慮を」◆Vol.14-1 2017/5/10

女性の労働力「0.8」、7割超が妥当◆Vol.13 2017/5/8

「女性は0.8で1働く」「男尊女卑なくなれ」◆Vol.12-2 2017/5/4

指導的立場への女性の政策的登用、男女で認識に差◆Vol.12-1 2017/5/4

女医のキャリア形成「院内の立場やポジション」で不利◆Vol.11 2017/4/30

「コメディカルとの人間関係」が強み、女医の自己認識◆Vol.10 2017/4/22

女性医師の16.3%が介護問題抱える◆Vol.9 2017/4/11

女性医師の就労継続支援、「当直免除」は半数◆Vol.8 2017/4/10

子育てによる就労変更、女性の4割超◆Vol.7 2017/4/6

新専門医制度「出産時期と重なり困難」「非常勤でも道を」◆Vol.6-2 2017/4/1

新専門医制度、女性医師の6割が「困難に」◆Vol.6-1 2017/4/1

仕事とプライベート「半々を希望」が女医の3割◆Vol.5 2017/3/25

中堅、内科、皮膚科、麻酔科で女性医師が多め◆Vol.4 2017/3/22

年収1500万、女医の2割弱、男性医師では半数◆Vol.3 2017/3/6

勤務時間、女性医師は減少、男性医師は増加傾向◆Vol.2 2017/2/28

女性医師の76%が「不利に感じる」◆Vol.1 2017/2/17