m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>「医師養成は強化されるべき」、四病協

「医師養成は強化されるべき」、四病協

「ビジョン検討会」報告書に見解、「医師は絶対数不足」

2017年4月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


四病院団体協議会は4月11日、厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」の報告書に対し、医師の絶対数の不足が実情であるとし、「少なくとも、当分の間の医師養成は強化されるべきと強く主張する」との意見を公表した(資料は、日本医療法人協会のホームページ)。同報告書の「敢えて医師数を増やす必要がない環境を作り上げていく」との提言に異を唱える内容で、日本医師会との見解とも異なる(『医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」』、『「医師養成数増は不要...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事