m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む

医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む

医師需給分科会が再開、法改正も視野に検討

2017年4月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の第4回「医療従事者の需給に関する検討会」(座長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)と第9回「医師需給分科会」(座長:片峰茂・長崎大学学長)の合同会議が4月20日に開催され、医師偏在対策について5月以降、集中的に議論する方針を確認した。法改正を伴わず実行可能な偏在対策は、都道府県が現在策定中の2018年度からの第7次医療計画に盛り込むことが可能なよう検討を進める(「『医師確保対策は“未定”、医療計画の「作成指針」』を参照)。今夏頃にはまとまる見通し。法改正が必要な項目については、20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事