m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>手術だけでなくシステムにも革新を - 田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長◆Vol.2

手術だけでなくシステムにも革新を - 田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長◆Vol.2

【現状編】「当直なしで手術に専念」、科や職種を超えた協業で実現

2017年5月1日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――33歳で帰国されて、日本の病院の環境はどうでしたか。「理想的な帰国タイミング」であったという理由は。縁があって日本で最も心臓手術症例数が多い榊原記念病院に就職しました。榊原記念病院で働き始めて感じたことは、麻酔医やコメディカル、事務員から清掃員まで、米国よりはるかに優秀だということです。米国の病院でストレスを感じたことの例として、麻酔の導入が異常に遅かったことと、手術と手術の合間(清掃や器械の準備など)がこれまた異常に長かったことがあります。これはもちろん米国全ての病院がそうというわけではあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4