m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>「一人前の心臓外科医」を養成するには? - 田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長◆Vol.3

「一人前の心臓外科医」を養成するには? - 田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長◆Vol.3

【提言編】症例数の集約とチーム医療がカギ

2017年5月6日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――これまで先生のキャリアをお伺いしました。ご自身の経験を踏まえ、一人前の心臓外科医を育成するには何が必要だと考えますか?多くの手術症例経験を通して、十分な知識、技術、判断力を身に付ける必要があります。ただし、一を聞いて一しか知らない人から、一を聞いて十を知る人まで色々いますので、一人前になるために必要な症例数は人それぞれです。学習効率や修練医のモチベーション、人材の有効活用などの点を考慮すると、10年の歳月をかけるよりは数年の短期間で集中的に学ぶ機会を作るのがよいでしょう。現在の多くの修練シス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4