m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>「重大な事実誤認、看過できず」、国立大学医学部長会議

「重大な事実誤認、看過できず」、国立大学医学部長会議

全国市長会による新専門医制度の「緊急要望」に反論

2017年5月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


国立大学医学部長会議は5月17日、記者会見を開き、全国市長会の4月12日の「国民不在の新専門医制度を危惧し、拙速に進めることに反対する緊急要望」に対して、「聞くべき主張もあるものの、我々国立大学医学部が担ってきた地域医療への貢献方策や実績に対する重大な事実誤認がある。看過できない」との反論を、5月17日に同会に提出したことを公表した(全国市長会の要望は、『「国民不在の新専門医制度を危惧」、全国市長会』を参照)。常置委員会委員長の内木宏延氏(福井大学医学部長)は、「地域医療を預かっているのは、市町...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

3次募集は2月16日から、5都府県は全領域で“締め切り” 2018/2/9

医学生の医行為、「3類型」に分類、厚労科研 2018/1/30

「5都府県シーリングのデータ公表」、松原・専門医機構副理事長 2018/1/29

「外科専攻医1人のみ」が3県という現実直視を-末永裕之・日病副会長に聞く 2018/1/26

「大都市集中、内科激減は間違い」、日本専門医機構 2018/1/20

京都50.8%増、東京50.0%増、専攻医の地域差は拡大 2018/1/13

「内科15.2%減、外科10.7%減」、専攻医の領域別割合 2018/1/4

四病協、専攻医登録で「丁寧な情報開示を」 2017/12/26

198人、専攻医1次登録で研修先決まらず 2017/12/16

5都府県、1次登録の専攻医、過去の採用実績内に調整 2017/12/8

脳神経外科学会、新専門医制度で新データベース活用 2017/12/5

内科は20.8%、外科は5.9%、専攻医登録者数が減少 2017/12/4

新専門医制度、1次登録は7989人、卒後2年目医師の約9割 2017/11/17

新専門医制度、3060の専門研修プログラム【2017年10月版】 2017/11/3

専攻医の1次登録、3060プログラムで10月10日開始 2017/10/6

日病会長、総合診療専門研修プログラム「問題点きちんと言う」 2017/10/3

「1次審査不合格、大変遺憾」、専門医機構に説明求める 2017/10/3

四病協、総合診療専門研修プログラムの1次審査に疑義 2017/10/3

総合診療専門研修プログラム「1次審査基準」、都市集中回避が狙い-松原謙二・日本専門医機構副... 2017/9/28

総合診療専門研修プログラム審査、「公正さを欠く」 2017/9/28