m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】

火曜日、金曜日に更新

2017年5月19日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]ハッキリ言って飯島には何と答えていいか、判らなかった。杉谷が何をとち狂ったのか、バトラー病院に来たいといい出した。その理由が本当のところ明瞭に掴めなかったし、安易に彼を歓迎して、その結果、まだ若く有為の医師が、すっかり人生を狂わしてしまうということだって考えられる。「……とにかく話はわかった。院長に話すだけは、話してみるよ」と飯島には答えたものの、健太朗は釈然としなかった。「おまえ、まさか自分がバトラー病院を離れた、そのリベンジ・マッチを杉谷くんに頼もうって訳じゃないよな?...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

結美はわざと健太朗を刺激するところがある【連載小説「朔風」第76回】 2017/7/21

あなたのお部屋がどんな様子なのか興味があるし…【連載小説「朔風」第75回】 2017/7/18

ボクを引き込むために、いっしょに寝たのか【連載小説「朔風」第74回】 2017/7/14

「私たちは先生たちの味方です、と」【連載小説「朔風」第73回】 2017/7/11

何を言い出すんだろう【連載小説「朔風」第72回】 2017/7/7

それなりに人間関係は複雑なんですよ【連載小説「朔風」第71回】 2017/7/4

争点の一つは病院の扱いにある【連載小説「朔風」第70回】 2017/6/30

彼はちいさく高ぶっていた【連載小説「朔風」第69回】 2017/6/27

まだまだ希望はありますよ【連載小説「朔風」第68回】 2017/6/23

分派活動をしているらしい【連載小説「朔風」第67回】 2017/6/20

この娘との間では余計な会話が増えてしまう【連載小説「朔風」第66回】 2017/6/16

「昨夜はどうでした?」【連載小説「朔風」第65回】 2017/6/13

「どうしてこうなったかなんて、訊かないで」【連載小説「朔風」第64回】 2017/6/9

院長先生とわたしの関係【連載小説「朔風」第63回】 2017/6/6

わざと露悪的に振る舞っているのでは?【連載小説「朔風」第62回】 2017/6/2

艶然と揺れていた瞳【連載小説「朔風」第61回】 2017/5/30

どこがどうとは分からぬが、非常にマズい展開だった【連載小説「朔風」第60回】 2017/5/26

「それですよ、わたしたちが先生を信頼できるのは」【連載小説「朔風」第59回】 2017/5/23

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】 2017/5/19

「おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」【連載小説「朔風」第57回】 2017/5/16