m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】

火曜日、金曜日に更新

2017年5月19日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]ハッキリ言って飯島には何と答えていいか、判らなかった。杉谷が何をとち狂ったのか、バトラー病院に来たいといい出した。その理由が本当のところ明瞭に掴めなかったし、安易に彼を歓迎して、その結果、まだ若く有為の医師が、すっかり人生を狂わしてしまうということだって考えられる。「……とにかく話はわかった。院長に話すだけは、話してみるよ」と飯島には答えたものの、健太朗は釈然としなかった。「おまえ、まさか自分がバトラー病院を離れた、そのリベンジ・マッチを杉谷くんに頼もうって訳じゃないよな?...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】 2017/9/8

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】 2017/9/5

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】 2017/9/1

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】 2017/8/29

ベッドサイドに置いていた携帯が鳴った【連載小説「朔風」第86回】 2017/8/25

「『病院をやめてしまえ!』というのは、どう考えても乱暴な意見でしょう」【連載小説「朔風」第... 2017/8/22

先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】 2017/8/18

「オマエを北斗医大の医局に迎え入れたいくらいだよ」【連載小説「朔風」第83回】 2017/8/15

事務方だけはそのまま既得権は死守という訳だ【連載小説「朔風」第82回】 2017/8/11

「おかしなことはしませんから」【連載小説「朔風」第81回】 2017/8/8

一緒にコンサルに会ってもらえないか【連載小説「朔風」第80回】 2017/8/4

「ただ念のためだよ。主治医の先生?」【連載小説「朔風」第79回】 2017/8/1

検査の結果をお知りになりたいそうです【連載小説「朔風」第78回】 2017/7/28

「院長の変調には気づいていた?」【連載小説「朔風」第77回】 2017/7/25

結美はわざと健太朗を刺激するところがある【連載小説「朔風」第76回】 2017/7/21

あなたのお部屋がどんな様子なのか興味があるし…【連載小説「朔風」第75回】 2017/7/18

ボクを引き込むために、いっしょに寝たのか【連載小説「朔風」第74回】 2017/7/14