m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」

地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」

回復期リハ病棟「患者個別のアウトカム評価」求める声も

2017年5月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、2018年度診療報酬改定に向けて、「入院医療(その4)」として、地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料と回復期リハビリテーション病棟入院料について議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。地域包括ケア病棟は、地域包括ケアシステムを支える役割を持つ。日本医師会副会長の中川俊男氏は、「そもそも病床数が少ない中小病院のための入院料設定のはず。しかし、地域包括ケア病棟入院料1の届出の3割以上は、(病床規模が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。