m3.com トップ>医療維新>オピニオン>「村上智彦先生が遺したもの」

「村上智彦先生が遺したもの」

「最強の地域医療」、全国で実践を

2017年5月19日 永森克志(ささえるクリニック岩見沢院長)


医療法人社団ささえる医療研究所(北海道岩見沢市)理事長を務めていた村上智彦先生が2017年5月11日午前4時8分、北海道大学病院にて、白血病で闘病の末、享年56歳で逝去しました。私は、同研究所「ささえるクリニック岩見沢」院長を務めており、当研究所の運営にご協力、ご支援をいただいている全国の医療関係者の皆様に、御礼を兼ね、ご報告をさせていただきます。村上先生は、2015年12月に急性骨髄性白血球を発症、兄の骨髄移植(『医師が急性白血病になって考えたこと-村上智彦・ささえる医療研究所理事長に聞く◆V...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事