m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相

後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相

経済財政諮問会議、費用対効果評価の新組織の設置検討

2017年5月24日 高橋直純(m3.com編集部)


塩崎恭久厚労相は5月23日の経済財政諮問会議で、「薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革」として、2020年9月までに後発医薬品シェア80%を目標とする方針を示したほか、費用対効果評価を行うための「新たな組織・体制」を整備する考えを示した。民間議員もエビデンスに基づく費用対効果を反映した薬価体系を構築するため「日本版の医療技術評価機構」の設置を提言した(資料は、内閣府ホームページ)。塩崎厚労相は会議の席で「薬価改定の成果を国民負担軽減につなげることが大切。製薬は成長産業として、産...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

「総理の辞任、医療界としても非常に残念」、中川日医会長 2020/8/28

安倍首相7月から体調異変、コロナ禍での辞任「心よりお詫び」 2020/8/28

「拡大未来投資会議」が初会合、今年末に中間、来夏に最終報告 2020/7/30

「感染研とNCGMの体制強化」提言、「骨太の方針2020」閣議決定 2020/7/17

コロナ危機、高齢者2割負担巡り意見対立 2020/7/10

医療は持ち越し「感染症への対応の視点も」全世代型第2次中間報告 2020/6/26

医師法「対面原則」解釈見直しを、規制改革推進会議 2020/6/23

安倍首相「医療のデジタル化、さらに加速を」、経済財政諮問会議 2020/6/22

最終報告は年末、7月に第2回中間報告、全世代型社会保障検討会議 2020/5/23

財政審増田氏「社会保障改革含め、強い意見出していく」 2020/1/28

鈴木・厚労事務次官「全世代型社会保障、“最後の峠”乗り越える処方箋」 2020/1/18

「地域医療構想の実現」、経済財政諮問会議で議論を 2020/1/17

地域医療構想、進捗遅ければ2020年度に知事権限の在り方検討 2019/12/21

2020年度予算案、医療は2.3%増の12兆2674億円 2019/12/20

全世代型中間報告、一般病院も定額負担の検討対象に 2019/12/19

日医会長、改定率0.55%に「落第ではない。ホッとした」 2019/12/18

2020年度診療報酬改定、全体で0.46%マイナス 2019/12/17

自民提言「2割負担」「ワンコイン」盛り込まず 2019/12/17

診療報酬本体は0.55%増で最終調整、ネットではマイナス 2019/12/14

受診時定額負担、自民党内で異論相次ぐ 2019/12/10