m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「当直やオンコール体制」がトップ

「当直やオンコール体制」がトップ

働き方改革で望む検討項目

2017年5月27日 水谷悠(m3.com編集部)


社会全体で働き方改革が大きなテーマとなる中、医師会や病院団体が個別に「働き方改革検討委員会」といった組織を団体内に設置し、医師の働き方改革について検討する動きが出てきている。これらの組織で検討してほしい内容についてm3.com医師会員に尋ねたところ、「当直やオンコールの体制」が開業医で46.3%、勤務医で53.8%といずれもトップ。「医師の応招義務」や「医療者の「労働」時間の定義(研究や自己研鑽の扱いなど)」などが続き、医師固有の問題に関する項目の検討を望む意識が、顕著に表れた(検討組織について...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医師の4割超、臨時地域枠の廃止を求める 2019/12/8

AIホスピタル「良い」は開業医30.6%、勤務医47.7% 2019/11/30

看護師の働き方改革「一元化で夜勤減る」「全てが中途半端に」◆Vol.2 2019/11/17

「外来と病棟看護の一元化」、賛否が拮抗◆Vol.1 2019/11/17

臨時休診、時間短縮、通常勤務-10月12日、そのとき医師は 2019/11/4

「アスリートファーストは言葉だけ」「今さら、選手も迷惑」◆Vol.2 2019/11/2

五輪マラソン「札幌移転」支持が最多◆Vol.1 2019/11/2

アプリを治療薬に「デジタル療法」期待、開業医48%、勤務医65.8% 2019/10/27

侵襲的な医療行為「指導医の負担増える」「やる気が出る」◆Vol.2 2019/10/12

「StudentDoctor」の公的資格化「必要」は4割程度◆Vol.1 2019/10/12

アルバイトは勤務医の55.5%、うち「報告せず」39% 2019/10/6

後期高齢者の自己負担、半数近くが「2割」求める 2019/9/29

患者と医療情報を共有する「次世代電カル」必要、開業医30.7%、勤務医37.4% 2019/9/23

花粉症治療薬の見直し、開業医の5割超が「必要なし」 2019/9/16

「規制、厳格になりすぎ」「前近代的な手法、終止符を」 2019/9/8

医師の約6割が認識、MR等からの情報提供「4月以降変化」 2019/9/7

医学生の医行為「責任は?」「社会、患者の受容・理解が先」 2019/9/1

子どもの医療費助成、「義務教育まで」が医師の7割 2019/8/25

医師6割「医学生の侵襲的な医行為」に賛成 2019/8/18

応召義務の前に「善きサマリア人の法」を 2019/8/16