m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と地域・...>「行き場ない患者」「病床減少」…、「地域包括ケア」の必要性◆Vol.3

「行き場ない患者」「病床減少」…、「地域包括ケア」の必要性◆Vol.3

必要性実感は3割に留まる

2017年6月22日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]Q「地域包括ケアシステム」の必要性を実感されていますか。「地域包括ケアシステム」の必要性について、全体では「実感している」が29.2%、「どちらとも言えない」が40.5%、「実感していない」が13.6%、「分からない」が16.7%だった。勤務先別で見ると、「実感している」の割合は、「公立病院」の医師で39.6%と最も高く、「診療所」の医師で23.6%と最も低かった。Qどのような時に必要性を感じるかをご記入ください。自由記述で、「地域包括ケアシステム」の必要性を感じる時を尋ね...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事