m3.com トップ>医療維新>レポート>iPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」

iPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」

山中氏、AMEDシンポジウムで講演

2017年5月30日 水谷悠(m3.com編集部)


京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が5月29日、都内で行われた「AMED(日本医療研究開発機構)シンポジウム2017」で「iPS細胞がひらく新しい医学」と題して招待講演し、「1日でも早く、できるだけ安い価格で患者に届けるのが私たちの目標」として、iPS細胞の臨床応用を一刻も早く成し遂げたいとの思いを語った。山中伸弥氏最新の研究成果として、「再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト」を紹介。日本赤十字社の血小板輸血や臍帯血バンク、日本骨髄バンクなどの協力を得て、HLA(ヒト白血球型抗原)型を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医横倉会長「知事会の取り組みうれしく思う」 2018/8/3

横倉会長「大変な怒りを覚える」、消費税補填率調査結果 2018/8/2

医師会立看護師養成所、定員割れに危機感 2018/8/2

「初期研修の内容を学生時代に」、山下AJMC会長 2018/8/1

HPVワクチン名誉毀損訴訟、「記事に間違いなし」「研究に捏造なし」 2018/8/1

厚労省業務「ペーパーレス化」へ、若手・中堅職員が提言 2018/7/31

2019年春からAI開発用医療画像情報を企業提供へ、厚労省 2018/7/31

消費税の補てん不足、「4年間で888億円」 2018/7/27

「全国保健医療情報ネットワーク」工程表を公開、個人識別に被保険者番号利用 2018/7/26

「薬局の最低限の役割の明確化、機能分化を」との意見も 2018/7/25

4期目の横倉日医体制、役員就任披露パーティー 2018/7/25

AI開発で「検査画像データベース、企業が利用できるようにすべき」 2018/7/24

柔整、あはきは「治療」か、柔整、あはき広告規制検討会 2018/7/19

新設医学部でも将来の定員減を見据え検討を 2018/7/19

「医療機関の復旧が焦点」日医・石川常任理事 2018/7/18

ダビンチ手術、保険適用で3~4倍増の領域も 2018/7/17

全日病「総合医」の養成スタート、医師60人が参加 2018/7/15

「患者が帰省先マンションで飛び降り自殺」、医師の責任は? 2018/7/14

日医、「被災地JMAT」の派遣を準備 2018/7/11

倉敷市のまび記念病院、患者・職員ら救出完了、西日本豪雨 2018/7/9