m3.com トップ>医療維新>レポート>iPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」

iPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」

山中氏、AMEDシンポジウムで講演

2017年5月30日 水谷悠(m3.com編集部)


京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が5月29日、都内で行われた「AMED(日本医療研究開発機構)シンポジウム2017」で「iPS細胞がひらく新しい医学」と題して招待講演し、「1日でも早く、できるだけ安い価格で患者に届けるのが私たちの目標」として、iPS細胞の臨床応用を一刻も早く成し遂げたいとの思いを語った。山中伸弥氏最新の研究成果として、「再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト」を紹介。日本赤十字社の血小板輸血や臍帯血バンク、日本骨髄バンクなどの協力を得て、HLA(ヒト白血球型抗原)型を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

外科系医師、「手当」充実で着実に確保、山形大 2018/5/18

NCの在り方、連携や棲み分け強調 2018/5/11

「整骨院」はいいのか?柔整、あはきの広告規制の検討会開始 2018/5/11

医学部定員、2020、21年度分「速やかに示して」 2018/5/10

「条件付き」「先駆け」審査の制度化を要望、日薬連 2018/5/9

「医療広告ガイドライン」、6月1日から施行へ 2018/5/9

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定 2018/4/25

「医師少数区域」勤務、「働き方改革にも逆行」とけん制 2018/4/25

柔整「施術内容の本人確認」を2019年度中実施に向け検討 2018/4/24

倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る 2018/4/23

「医師少数区域」勤務に「経済的インセンティブ」検討 2018/4/20

「『医師会の大義』の共有を」、日医・将来ビジョン委 2018/4/19

消費税「補填不足は病院で明白」、日病協 2018/4/17

手術・手技の報酬、「価値」「アウトカム」反映の検討が重要 2018/4/13

患者申出療養、新規申請なし 2018/4/12

男女を問わず、医師が勤務継続できる環境を 2018/4/10

救急・災害医療提供体制、議論始まる 2018/4/10

「他ができる仕事をなぜ医師が」、外国で指摘も 2018/4/10

山形大の“ドクターフィー”、最高は年間760万円 2018/4/9