m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と地域・...>「入院から在宅移行」、 賛成は3割に留まる◆Vol.4

「入院から在宅移行」、 賛成は3割に留まる◆Vol.4

「医療と介護の連携」、医師の7割が必要性実感

2017年7月9日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]Q入院医療から在宅医療への移行を進める政策についてどのようにお考えでしょうか。2025年の医療提供体制を原則2次医療圏ごとに示す「地域医療構想」では、2025年の「病床の必要量」と現状の病床数は、全国で計15万床以上の開きがある。入院患者を在宅医療に移す、国の政策を受けたものだが、本調査では「賛成」は30.6%に留まった。「どちらとも言えない」が51.6%、「反対」が13.6%となった。勤務先別で見ると、「賛成」の割合は、「大学病院」の医師で53.5%と最も高く、「診療所」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事