m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と地域・...>多職種との会合、日常的に「ある」は半数弱◆Vol.6

多職種との会合、日常的に「ある」は半数弱◆Vol.6

実際の参加は25%程度にとどまる

2017年7月21日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]Q地域の多職種と定期的に会合、情報交換する機会はありますか。地域における多職種との定期的な会合の場の有無を尋ねたところ、全体では「ある」は25.4%、「あるが、参加していない」が22.5%となり、半数近くの医師が会合の場があると回答した。勤務先別で見ると、「ある」は診療所医師で31.4%、公立病院医師で28.1%と高く、大学病院医師で15.5%と低く、勤務先による相違が見られた。Q具体的にどのような会合かをご説明ください。・在宅ケア連絡会の開催-行政からの経済的補助あり(在...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事