m3.com トップ>医療維新>インタビュー>「護送船団方式」の医療は終焉 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.1

「護送船団方式」の医療は終焉 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.1

大学病院も含め、パラダイムシフトが不可欠

2017年6月10日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


日本病院会はこの5月、新会長に相澤孝夫氏を選出した(『日病新会長に相澤孝夫副会長、社員総会・理事会で決定』を参照)。2025年の医療提供体制を見据え、医療改革が進む中、全国の主要2466病院(2017年5月27日現在)を会員として抱える組織のトップとして舵取りを任された相澤氏。長野県松本市で相澤病院(460床)などを経営する社会医療法人財団慈泉会の理事長でもある相澤氏は、自らの法人での実践や試行を基に、現場発の発言をすることで知られる。今の医療の問題をどのように捉え、改革すべきと考えているのか―...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「佐賀は日本の医学に大きな貢献」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/5/23

医療の問題「一番は大学の衰退」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.2 2018/5/11

国立病院機構から地独法病院の理事長へ-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vo... 2018/5/2

HPVワクチン「国の意思決定に必要なデータそろう」-鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆... 2018/4/11

医薬分業、“失われた40年”取り戻す第一歩-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.3 2018/4/6

HPVワクチン接種、「多様な症状」発症との関連なし-鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆... 2018/4/4

緩和医療を持続可能に、医学部に常設講座を-松岡順治・岡大病院診療科長に聞く◆Vol.2 2018/4/3

かかりつけ医評価「もっと反対すべきだった」-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.2 2018/4/2

「7対1」入院料、方針は支持、30%は不満-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.1 2018/3/23

腎代替療法、報酬体系を総点検-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.6 2018/3/22

医師等の専従要件緩和、経営的メリット大-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2 2018/3/21

オンライン診療やダヴィンチ、「将来のサービス」-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vo... 2018/3/20

医療機能分化「言葉だけでなくシステム確立を」-島弘志・日病副会長に聞く◆Vol.2 2018/3/19

医療と介護の同時改定、肝は細部-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.4 2018/3/18

初診料の加算、かかりつけ医機能評価の一環-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3 2018/3/18

日本初「緩和支持医療科」の10年-松岡順治・岡大病院診療科長に聞く◆Vol.1 2018/3/16

「今改定で大きな舵を切る」が現実に-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.1 2018/3/16

国試対策にも学友との“シェア”が不可欠 2018/3/15

ソフトランディング可能に、入院医療改定-島弘志・日病副会長に聞く◆Vol.1 2018/3/13

入院基本料の見直し、地域医療構想に“寄り添う”-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vo... 2018/3/12