m3.com トップ>医療維新>LIFESTYLE>「1人の医師が変われば、3000人が救われる」 - 小澤竹俊・めぐみ在宅クリニック院長◆Vol.2

「1人の医師が変われば、3000人が救われる」 - 小澤竹俊・めぐみ在宅クリニック院長◆Vol.2

2025年を負け戦にしない方策とは

2017年6月30日 エムスリーキャリア


[Vol.1はこちら]病院は数値、在宅では表情を重んじる――ご自身の経験を踏まえ、病院勤務医と在宅医の違いを教えてください。めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊氏在宅医はすべての責任を負う覚悟が必要だと思います。専門外の科目も診なければなりませんし、点滴も看護師がするとは限りません。病院で行っているような説明が援助にならないことも多い。患者さんがいるのは、病院ではなく生活の場なので、病院勤務医から転向した場合は頭を切り替える必要があるでしょう。たとえば、病院は管理をするために数値を判断指標とします...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

人生の岐路に1冊の本あり。 2017/11/19

何冊読んだ?先輩医師のお薦め本 2017/11/19

医療者の読書事情「買う派」7割 2017/11/19

不動産投資、人気の物件は首都圏、新築ワンルーム 2017/11/19

【中学受験2017】どうなる首都圏入試?傾向と人気校の倍率・偏差値(まとめ) 2017/11/19

臨床経験豊富な専門医こそ、在宅医療を 2017/11/18

医療者の秋、「学会、科研費、尿路結石の秋」 2017/11/12

「CPA、ROSC後即オペ、即退院」憧れの上級医 2017/11/12

中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手(1/2) 2017/11/12

しし座流星群、2017年は好条件…11/18未明から明け方に見頃 2017/11/12

英語能力ランキング2017、日本は80か国中37位…年々下降 2017/11/12

クリスマス、みんなが選ぶレストランは? 2017/11/12

研修医「上級医との関わり方、難しい」9割強 2017/11/11

地方創生のモデルに。宮城県大崎市で「異次元」の多職種連携に挑む 2017/11/5

【U35ドクター調査】「先生になら何されてもいい」絶対に治してやると思った瞬間 2017/11/5

病床200床減を実現!?旭中央病院が挑戦した地域型精神医療 2017/10/29

【U35ドクター調査】「患者を明らかに怒らせた」経験、若手6割超 2017/10/22

転職で年収アップ?それともダウン? 2017/10/15

【U35ドクター調査】『あるものを今食え』研修の教え 2017/10/14

「麻酔科は、外科の助手ではない」 2017/10/9