m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療の現...>「総合医の養成」は地域病院の使命 - 花輪峰夫・秩父病院院長に聞く◆Vol.2

「総合医の養成」は地域病院の使命 - 花輪峰夫・秩父病院院長に聞く◆Vol.2

行きすぎた専門医志向に危機感

2017年6月30日 高橋直純(m3.com編集部)


インタビュー1回目はこちら⇒夢見た地域完結の医療、「今は無力感と脱力感」-花輪峰夫・秩父病院院長に聞く◆Vol.1――今年4月の日本外科学会定期学術集会では、特別企画「今こそ地域医療を考える」の中で、「研修医の視点に学ぶ格差解消への模索と地域医療の役割」と題してお話しをされていました。花輪峰夫・秩父病院院長私自身にも言えることですが、近年医師個人の対応能力は大幅に縮小していると言わざるを得ません。特に若い医師達は、極端な専門医志向と教育の結果、その傾向が著しいと思います。あるとき、当院に来ていた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事