m3.com トップ>医療維新>レポート|日医代議員会>「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

第140回日医代議員会、革新的新薬は「日本発」で

2017年6月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の松原謙二氏は、6月25日の第140回日医定例代議員会で、院内処方と院外処方の技術料格差を問題視、整合性が図れるよう、2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会で議論していく方針を説明した。リフィル処方には反対するほか、特許期間の切れた先発医薬品の薬価を下げることを含め、薬価制度の抜本的な見直しにも取り組んでいくとした。「イノベーションの推進と、国民皆保険の維持を両立し、国民負担の軽減を考慮しながら、医療の質向上を実現するためにも、次回改定に向けてしっかり議論してい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

日医代議員会に関する記事(一覧

認定産業医「日医主導で全国組織を」松本吉郎常任理事 2018/3/30

国の受動喫煙対策「満足できるものではない」道永常任理事 2018/3/30

支払審査「医師の審査であるから安心感」、松本純一常任理事 2018/3/30

生活保護の医療要否意見書「負担軽減求める」、松本吉郎常任理事 2018/3/29

勤務医会費減額「慎重に検討する」、温泉川常任理事 2018/3/29

「保険調剤薬局、非営利法人に限定も」横倉会長 2018/3/28

「訪日外国人患者への対応、問題が山積」、横倉会長 2018/3/27

高齢者の運転免許「実車試験や限定免許を提案する」、鈴木常任理事 2018/3/27

地域医療構想「公私の競合なら、公が撤退」、石川常任理事 2018/3/26

“事故調”、事実解明が第一、責任追及にあらず、今村常任理事 2018/3/26

「今の労基法はおかしい」日医今村副会長 2018/3/26

「病床非過剰地域」でも新設・増床は慎重に、釜萢日医常任理事 2018/3/26

新専門医制「地方への配慮、十分でなかった」、松原副会長 2018/3/25

「日本医師会綱領」こそグランドデザイン、中川副会長 2018/3/25

「開業規制、しっかり阻止していく」、中川副会長 2018/3/25

横倉日医会長、4選出馬を表明、代議員会 2018/3/25

暴行や刺傷事件は「医の倫理以前の問題」 2017/6/30

地域包括ケア病棟、「中小病院評価を」 2017/6/30

医師の働き方改革「ある程度の猶予を」、松本(吉)常任理事 2017/6/27

「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長 2017/6/26