m3.com トップ>医療維新>レポート|日医代議員会>「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

第140回日医代議員会、革新的新薬は「日本発」で

2017年6月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の松原謙二氏は、6月25日の第140回日医定例代議員会で、院内処方と院外処方の技術料格差を問題視、整合性が図れるよう、2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会で議論していく方針を説明した。リフィル処方には反対するほか、特許期間の切れた先発医薬品の薬価を下げることを含め、薬価制度の抜本的な見直しにも取り組んでいくとした。「イノベーションの推進と、国民皆保険の維持を両立し、国民負担の軽減を考慮しながら、医療の質向上を実現するためにも、次回改定に向けてしっかり議論してい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

日医代議員会に関する記事(一覧

暴行や刺傷事件は「医の倫理以前の問題」 2017/6/30

地域包括ケア病棟、「中小病院評価を」 2017/6/30

医師の働き方改革「ある程度の猶予を」、松本(吉)常任理事 2017/6/27

「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長 2017/6/26

医師偏在対策は「医師の意思尊重」、今村副会長 2017/6/26

新専門医制「2018年度開始に向け全力を傾注」、羽鳥常任理事 2017/6/26

「医療体制維持と医師自身の健康両立を」 2017/6/26

「かかりつけ医と老健施設、連携を」、松原副会長 2017/6/26

「かかりつけ医以外受診で定額負担」反対、今村副会長 2017/6/26

「急性期指標、地域医療を混乱に陥れる」、中川副会長 2017/6/25

成田特区の「医学部」、日医代議員会でも話題に 2017/6/25

「新専門医、医師需給・働き方、医の倫理」 2017/6/25

医師偏在対策、カギは「地域医療構想の医師版」、中川副会長 2017/6/25

中川・松原日医副会長、中医協委員交代 2017/6/25

「受動喫煙対策、各医師会も協力を」、今村副会長 2017/3/28

「医師偏在や専門医制対策、日医の組織強化が不可欠」 2017/3/28

「個別指導の8000件目標、既に期限切れ」、松本常任理事 2017/3/28

「医師偏在解消、強制的な仕組み極力排除」、釜萢常任理事 2017/3/28

「かかりつけ医研修、2017年度から一部見直し」、鈴木常任理事 2017/3/27

「受診時定額負担、かかりつけ医普及に水差す」、松本常任理事 2017/3/27