m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>原価計算方式のイノベーション評価、見直しへ

原価計算方式のイノベーション評価、見直しへ

「製造原価、中医協での公表が前提」、中川日医副会長

2017年6月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会の薬価専門部会(部会長:中村洋・慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)は、6月28日の会議で、医薬品のイノベーション評価について議論、原価計算方式で薬価を算定する場合の補正加算の見直しを了承した。ただし、原価計算方式による薬価算定に当たって、製造経費など、薬価算定根拠の正確性、透明性を担保することが前提となる(資料は、厚生労働省のホームページ)。新薬の薬価算定に当たって、類似薬効比較方式では、価格全体に補正加算が付くが、製造経費などを積み上げて計算する原価計算方式の場合、「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。