m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「先発、長期収載、後発、AG」薬の定義、明確化が必要

「先発、長期収載、後発、AG」薬の定義、明確化が必要

中川日医副会長、薬価制度の抜本改革で提言

2017年6月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の中川俊男氏は、6月28日の中央社会保険医療協議会の薬価専門部会(部会長:中村洋・慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)で、薬価制度の抜本改革の議論を進めるに当たって、先発医薬品、長期収載医薬品、後発医薬品、オーソライズド・ジェネリック(AG;AuthorizedGeneric)のそれぞれの定義を明確化した上で、一体的な検討を進める必要性を改めて指摘した。中川氏は過去の薬価専門部会でも同様の指摘をしてきたが、厚生労働省はいまだ対応していない。薬価専門部会では、2016年12月20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。