m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>医療機器2点の保険適用を承認

医療機器2点の保険適用を承認

中医協、C2「新機能・新技術」区分で

2017年6月29日 水谷悠(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会は6月28日の総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、医療機器2点を保険適用することを承認した。決定区分はいずれもC2(新機能・新技術)で、販売名は「TMP経皮経肝胆道拡張バルーンカテーテル」と「InterStimII仙骨神経刺激システム」。償還価格はそれぞれ6万5300円と、99万1000円(既存の機能区分にて評価、資料は厚生労働省のホームページ)。「TMP経皮経肝胆道拡張バルーンカテーテル」は、良性胆道狭窄および悪性腫瘍(胆道がん)起因の胆道狭窄に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事