m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「医療政策が権力構造におもねる懸念」中川日医副会長

「医療政策が権力構造におもねる懸念」中川日医副会長

中医協委員退任あいさつ、委員と厚労省に要望とエール

2017年7月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の中川俊男氏は、7月5日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、退任のあいさつを述べ、昨今の政治情勢を踏まえ、「日本の医療政策がその時々の権力構造におもねる形で決まっていきはしないか」と危うさを提起し、中医協委員には、丁寧で開かれた合意形成のプロセスを守ることを要望するとともに、事務局を担当する厚生労働省職員には、「医療を守る最後の砦」とエールを送った。中川氏は5日の総会で、同副会長の松原謙二氏とともに、中医協委員を退任した(『中川・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事