m3.com トップ>医療維新>インタビュー>「全日病 病院総合医」を養成するわけ - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2

「全日病 病院総合医」を養成するわけ - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2

地域医療に取り組む中小病院に必要

2017年7月16日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――よく「中小病院の経営は厳しい」と言われますが、各地域の実情を踏まえれば、十分に取り組むべきこと、生き残る道があるということですね。はい。地域包括ケアシステムの中で、自院がどんな役割を果たすべきかを考えることが必要。全日病としても、中小病院をいかに位置付けていくかが最大の課題です。ただ忘れてはいけないのは、地域包括ケアシステムは、医療機関中心ではなく、利用者中心であるということ。利用者のもとに、医療・看護、介護、保健・予防、住まいが集まるシステムであり、全てがイコールパートナーとして、同じ目線...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

中医協委員、退任あいさつの真意-中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1 2017/7/25

地域医療構想、医師会独自データで対応-菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.1 2017/7/23

地域医療構想、悲観的になる必要なし-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.3 2017/7/23

「全日病病院総合医」を養成するわけ-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2 2017/7/16

地域包括ケア、課題は「医療介護連携」-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.1 2017/7/10

専門医とは何か、根本的議論が必要-相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.4 2017/7/3

次期改定、DPCデータ活用を期待-相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.3 2017/6/21

“暴風雨”、危機は改革のチャンス-相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.2 2017/6/16

「護送船団方式」の医療は終焉-相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.1 2017/6/10

医療情報の特殊性を意識した法制を-山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆Vo... 2017/5/31

医療情報の利活用と保護、両立が肝要-山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆V... 2017/5/25

「医師は専門職」という自覚が必要-国光あやの・元厚労官僚に聞く◆Vol.3 2017/5/21

医師からの業務移譲、夢物語にあらず-渋谷健司・厚労省ビジョン検討会座長に聞く◆Vol.3 2017/5/20

行政の仕事に感じた「やりがいと限界」-国光あやの・元厚労官僚に聞く◆Vol.2 2017/5/14

自己犠牲の上に成り立つ医療は終わり-渋谷健司・厚労省ビジョン検討会座長に聞く◆Vol.2 2017/5/11

新たなビジョン、利害調整では生まれず-渋谷健司・厚労省ビジョン検討会座長に聞く◆Vol.1 2017/5/8

医師から厚労省、衆院議員に挑戦-国光あやの・元厚労官僚に聞く◆Vol.1 2017/5/7

医師は「自由業」、それを支える医師会-横倉義武・日医会長に聞く◆Vol.2 2017/4/1

「医の倫理」こそ、医師の原点-横倉義武・日医会長に聞く◆Vol.1 2017/3/23

36歳外科医が高野病院院長に就任したわけ―中山祐次郎氏に聞く◆Vol.2 2017/3/17