m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療の現...>救急病院と在宅診療所、「一つの病院」として救急対応

救急病院と在宅診療所、「一つの病院」として救急対応

7月22日に日本在宅救急研究会シンポジウム

2017年7月15日 高橋直純(m3.com編集部)


茨城県の急性期医療も担う在宅療養支援病院「小豆畑病院」(医療法人社団青燈会:那珂市)と広域在宅診療グループ医療法人いばらき会(医療法人社団いばらき会、水戸市、東海村など)の、二つの異なる経営母体の病医院が「1つの病院」として機能するよう「連携」を進めている。在宅医療を受けている患者が増加傾向にある中で、急変時の患者が救急搬送されることで生じる問題を解消しようという試みだ。両医療機関代表が発起人となり、日本在宅救急研究会が2017年5月に発足。「在宅医療は患者の急変に耐えられるか?」をテーマに、7...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事