m3.com トップ>医療維新>レポート>慈恵医大、がん疑い見逃し新たに5人、検討委

慈恵医大、がん疑い見逃し新たに5人、検討委

「司令塔」設置で報告書全件チェックなど再発防止6項目

2017年7月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京慈恵会医科大学附属病院は7月20日、新たに5人の肺がんや胃がんなどの見逃しがあったとし、再発防止策を提言した、「慈恵大学診療情報共有改善検討委員会」の答申書を公表した。CT画像診断もしくは病理組織診断の報告書の見逃しで、その期間は、短い患者で4カ月、最長は3年間(答申書は、同大のホームページ)。答申書は、「診療情報が治療に生かされず患者の病状悪化を招くことは明らかな医療事故」であり、「診療情報の確認不足という人為的な単純ミス」と指摘。重要な診療情報を共有し、患者の病状悪化を見逃す事故を根絶す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

2018年度医学部入試、センター試験速報! 2018/1/18

終末期医療GLを年度内にも改訂へ、厚労省がたたき台を公表 2018/1/17

加藤厚労相「2025年見据え医療体制構築を」 2018/1/15

「日本公的病院精神科協会」設立へ 2018/1/12

「骨太2018で激しい議論」横倉・日医会長が年頭会見 2018/1/10

常勤医師1人の紹介手数料、単価平均「337万円」、日医総研レポート 2018/1/10

看護職確保、200床未満病院が最も厳しく、日医総研レポート 2018/1/9

2017地方紙ニュース年間ランキング 2018/1/4

調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート 2018/1/2

「Heals」設立、医療者個人を責めない「公正な文化」を 2017/12/25

HPVワクチンのリーフレット、「ファクト」追加し改訂 2017/12/22

厚労省予算案、働き方改革3200億円 2017/12/22

適時調査件数が3割増、保険医療機関の指導・監査 2017/12/21

医師偏在対策、「1歩進んで2歩下がった」 2017/12/21

横倉・日医会長、「改定率は60点、希望は0.76-0.78%だった」 2017/12/21

四病協、専攻医数調整の数値公表求め意見書提出へ 2017/12/20

相澤日病会長、改定率0.55%は「100点満点で50点」 2017/12/19

「ジョン・マドックス賞」受賞、村中医師が厚労省で会見 2017/12/18

地域医療支援病院、果たして必要か、議論本格化 2017/12/16

日病協、改定は「最低でも0.7%」を 2017/12/15