m3.com トップ>医療維新>レポート>慈恵医大、がん疑い見逃し新たに5人、検討委

慈恵医大、がん疑い見逃し新たに5人、検討委

「司令塔」設置で報告書全件チェックなど再発防止6項目

2017年7月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京慈恵会医科大学附属病院は7月20日、新たに5人の肺がんや胃がんなどの見逃しがあったとし、再発防止策を提言した、「慈恵大学診療情報共有改善検討委員会」の答申書を公表した。CT画像診断もしくは病理組織診断の報告書の見逃しで、その期間は、短い患者で4カ月、最長は3年間(答申書は、同大のホームページ)。答申書は、「診療情報が治療に生かされず患者の病状悪化を招くことは明らかな医療事故」であり、「診療情報の確認不足という人為的な単純ミス」と指摘。重要な診療情報を共有し、患者の病状悪化を見逃す事故を根絶す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「医療に係る消費税問題は解決」、日医 2018/12/14

「薬機法等改正」と「医薬分業」の2本立てで取りまとめ 2018/12/14

6NC連携、当面は内部で連携組織を構築 2018/12/13

オンライン診療料、迫井審議官が改定の真意語る 2018/12/9

デーモン閣下、厚労省案に「誰も読まない」 2018/12/7

日医、10連休の対応年内に取りまとめ「地方行政に危機感を」 2018/12/6

九大名誉教授・前原氏「外科学、がん治療学でさらに努力続ける」 2018/12/3

ACPの愛称「人生会議」に決定、11月30日は「人生会議の日」 2018/12/3

日病協も消費税問題で要望 2018/12/1

aiboが入院中の小児「癒す」、成育医療研究センターで検証 2018/11/30

四病協、消費税問題で抜本的対策改めて求める 2018/11/28

がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で 2018/11/27

HPVワクチン、副反応疑い報告の傾向に変化なし 2018/11/26

日医初の試み、700人近い医師会役員が一堂に会す 2018/11/25

「終わりのない診断の旅」から患者を救う、カギはデータシェア 2018/11/24

「継続的な服薬状況の把握・指導と記録」、法改正で義務化へ 2018/11/23

厚労省、AI開発加速で対応すべき項目まとめる 2018/11/22

災害診療記録が改訂、「より記入しやすく」 2018/11/21

100万~500万円の機器にも特別償却を要望、日病 2018/11/21

地域医療支援病院、「2つの機能」追加に向け議論開始 2018/11/16