m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>病院の責任と「働き方改革」のジレンマ - 片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.1

病院の責任と「働き方改革」のジレンマ - 片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.1

是正勧告受け「業務」と「研修」の区別徹底

2017年7月23日 聞き手・まとめ:水谷悠(m3.com編集部)


2016年1月に後期研修中の女性医師が過労自殺し、2017年6月に新潟労働基準監督署から長時間労働是正などの勧告を受けた新潟市民病院。新潟市は勧告を受けて6月、「緊急対応宣言」を出し、紹介状なしでの外来受け付けを取りやめるなどの対応策を打ち出した。3次救急や周産期医療を担う自治体病院としての責任がある一方で、社会問題となっている「働き方改革」を進めなければならない。院長の片柳憲雄氏は「ジレンマがある」と言い、頭を悩ませている(2017年7月20日にインタビュー。計2回の連載。「緊急対応宣言」は新...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4