m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と地域・...>退院支援・調整、6割の医師が「問題あり」◆Vol.11

退院支援・調整、6割の医師が「問題あり」◆Vol.11

「診療所を理解しない」「在宅医の質にばらつき」

2017年8月25日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]Q病院から退院して在宅医療に移行する際、退院支援・調整で問題を感じることがありますか。本調査に回答した医師706人のうち、問題を感じることが「ある」とした回答は、全体の58.9%だった。勤務先別で見ると、病院所属の中で最も多かったのは、大学病院で70.4%。一方、退院後に患者を引き受ける立場にある診療所も半数近くが問題を感じていた。Q問題を感じている点についてご記入ください。【病院に対して】・医療機関が在宅医療の現状を理解せず、無理な要求をしてくることが、たまにある。【診療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事