m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と地域・...>必要性と疑問、「在宅医療」、「地域包括ケア」への意見◆Vol.14

必要性と疑問、「在宅医療」、「地域包括ケア」への意見◆Vol.14

「普通の家庭で在宅は無理」「国が思うように進まず」

2017年9月20日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]Q医療と介護、地域包括ケアシステムなどについてのお考え、疑問点がありましたらお書きください。【体制の問題】・自院への通院患者であっても、急変時の受け入れが不可能なケースがある。常勤医師不足によるもの。地域包括ケアシステムがうまく回るためには、1次・2次救急病院の受け入れ態勢が整わない限りは無理。医師の地域偏在は早急に解決されなければならないと思われる。自助・公助・互助・共助だけでは到底不可能!【民間病院】・急性期病院からの早期の追い出しと介護側の手間のかかる患者の丸投げのた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事