m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>認知症治療病棟、大きな視点での議論を

認知症治療病棟、大きな視点での議論を

一般病棟での対応の必要性も指摘

2017年7月28日 水谷悠(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は7月27日の会議で、入院医療(その5)として認知症治療病棟入院料についての検討を始めた。委員からは介護保険での対応も含め、入院医療だけでなく認知症全体の視点からの議論を提案する意見が出たほか、厚生労働省から提示された資料が概要にとどまるものだったため、本格的な議論に入るためにより詳細な資料を求める声が相次いだ(資料は、厚労省のホームページ)。中央社会保険医療協議会総会厚労省は、(1)認知症治療病棟入院料、(2)老人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事