m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「まさに日本の医療の貢献者」「生活習慣病啓蒙、偉大な功績」

「まさに日本の医療の貢献者」「生活習慣病啓蒙、偉大な功績」

日野原重明・聖路加国際病院名誉院長逝去に寄せて

2017年7月29日 水谷悠(m3.com編集部)


聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏が7月18日、105歳で逝去した。日野原氏は日本の医学教育の礎を築き、その発展に貢献したほか、聖路加看護大学学長を務め、幅広く医療人材の教育に力を入れていたことで知られる。m3.com意識調査で、日野原氏から直接教えを受けたり、講演や著書などを通じて影響を受けたりしたこと、思い出や追悼の辞を募ったところ、「命とはなにか?死と生を真摯に見つめた臨床家」、「歳を取ってからの生き方に素晴らしいヒントをいただきました」など、生前を偲ぶ声が寄せられた(『日野原重明氏、1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

選手への処方「うかつにできない」 2018/2/21

インフル治癒証明、半数が感染拡大防止に「意義なし」 2018/2/19

「オンライン診療、実施予定・したい」、勤務医36.7%、開業医20.3% 2018/2/10

医療専門職、臨床「5年」「10年」経て一人前 2018/2/4

タスク・シフティング、「ないと仕事にならない」 2018/1/28

賢明でない選択、「過剰検査」や「過剰投薬」の声多数 2018/1/22

働き方改革、半数は「行われていない」 2018/1/14

僻地勤務、義務にするなら「後期研修」「30代」が最多 2018/1/2

医師会員の約4割が医療ドラマ視聴 2017/12/24

開業医「もっと高い改定率を期待」が66% 2017/12/22

「総合医」への期待、医師以外で高く、「大学外で研修を」 2017/12/17

受動喫煙対策の例外「150平米以下」、支持は1割以下 2017/12/9

大学医局の強化、賛否拮抗「若手を鍛える」「教授の好き嫌い」◆Vol.1 2017/11/18

接遇失敗談「孫かと思ったら息子だった」 2017/11/18

「先生がいたから、最期まで幸せだったと思う」 2017/11/11

「医療者だけで抱え込まない」トラブル対策法 2017/11/4

約6割「トラブル対応マニュアル必要だが、ない」 2017/11/3

2%台半ばマイナス改定「あり得ない」 2017/11/3

「仕事帰りに病院が開いていないのは医師の怠慢」患者の非常識な言葉 2017/10/29

トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験 2017/10/28