m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|離島医療39...>「Dr.コトー、離島医療39年」に終止符◆Vol.1

「Dr.コトー、離島医療39年」に終止符◆Vol.1

2017年8月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


人気の医療漫画『Dr.コトー診療所』。その舞台は、鹿児島県いちき串木野市の西方、約40kmに位置し、高速船でも1時間10分かかる下甑島(鹿児島県薩摩川内市下甑町)にある手打診療所。モデルは、同診療所所長だった瀬戸上健二郎氏(76歳)だ。瀬戸上氏はこの4月、39年間勤めた手打診療所での離島医療を後任に引き継いだ。39年前の赴任当時、設備機器も乏しい中、外科医の瀬戸上氏は体制を整え手術も始めた。「プライマリ・ケアという風呂敷では包みきれない、はみ出した辺りに、離島医療の厳しさと面白さを覚えるようにな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事