m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|離島医療39...>「Dr.コトー的外科」の終焉◆Vol.4

「Dr.コトー的外科」の終焉◆Vol.4

2017年8月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1978年の赴任以来39年、下甑島で医療を続ける中で、「Dr.コトー的外科」は終焉したと語る瀬戸上氏。その思いを改めてお聞きした。自分で検査し、自分で見付け、自分で麻酔をかけ、自分で手術する……。瀬戸上氏が、手打診療所に赴任した昭和50年代は、「Dr.コトー的外科」として、外科医がさまざまな可能性にチャレンジできた時代と言える。これが「Dr.コトー的外科」。手打診療所が何も特殊だったわけではなく、日本全国どこでも、昭和50年代くらいまでは当たり前だった外科医療だと思う。戦後に花が開いた日本的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事