m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|離島医療39...>離島医療の“フルコース”を楽しむ◆Vol.5

離島医療の“フルコース”を楽しむ◆Vol.5

2017年9月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


――人気漫画『Dr.コトー診療所』のモデルとなったのは、瀬戸上氏が、国民健康保険中央会が発行していた月刊誌『国民健康保険』に、1987年から1990年まで連載していた「直診日記」がきっかけだという。「直診日記」は、1ページの囲み記事。全国の国保診療所の医師たちが1、2年くらいで交代で連載していた。僕にも、離島医療の実情を書くように要請があり、1987年1月から4年間連載した。最初打診があった時は、「漫画にするのは、やめてほしい」と断ったのだが、結果的には良かったんじゃないかな。連載のスタート当初...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事