m3.com トップ>医療維新>オピニオン>国立保健医療科学院における診断支援研究

国立保健医療科学院における診断支援研究

診断支援AI「PGY-01」の歴史・現状・展望

2017年8月10日 奥村貴史(国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 特命上席主任研究官、国立情報学研究所客員教授)


【診断支援システムの実際】本年5月13日、第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会において、「プライマリ・ケアにおける人工知能の可能性」と題したシンポジウムが開催されました。人工知能(AI)技術の医療への応用が進むことで、各学会においてもAIに関連した研究発表やシンポジウムが増えています。そうした中でも、医療用AIがプライマリ・ケアという第一線の医療現場における活用についても討議されるまでになったことは、この分野の試みが基礎研究から応用研究にまで幅広く広がってきたことを示しています。私たちは、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事