m3.com トップ>医療維新>インタビュー>「何のために?」を常に考え、舵取り - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4

「何のために?」を常に考え、舵取り - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4

森前会長のシンクタンクも“活用”

2017年9月8日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――3つの重要課題のうち、最後が医療安全対策です。はい。医療安全には、例えば患者さんの転倒・転落、薬の取り違えなど、院内のマネジメントに起因するシステムエラーと、医師をはじめ医療者の技術や知識が原因で発生するヒューマンエラーがあります。我々府医師会は、その両方とも対象にして取り組んでいます。松井道宣会長は、好きな言葉として、「何のために」を挙げる。「ゴールではなくて、どちらを向いているのかを常に明確にしておきたい」対策の一環として、医療安全について情報提供をしたり、勉強会などを開催しています。そ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「10万個の子宮」が失われる前に-村中璃子氏に聞く◆Vol.1 2017/12/13

「迫り来る未来の危機」に対応、地域は運命共同体-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞... 2017/12/12

「ヒポクラテスの時代から培った信頼」が大事-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.3 2017/12/10

医学部人気に微妙な変化、日医大も学費大幅値下げ-2018年度医学部入試動向◆Vol.1 2017/12/7

「社会的共通資本としての医療」、3本柱で普及-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.... 2017/12/2

医師、そして娘から見た「父、宇沢弘文」-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.1 2017/11/26

医療費のコントロールは可能-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.3 2017/10/22

地域包括ケアでは医療費は削減できない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.2 2017/10/16

地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1 2017/10/10

医療には介護の質を上げる役割がある-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.2 2017/10/2

政治の場に「在宅医療の思いを」-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.1 2017/9/27

地域医療構想「問題は調整の人材不足」-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.3 2017/9/19

医師偏在対策、保険医定数を人口比に-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.3 2017/9/18

「民間病院再編には県立病院も一定関与」-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.2 2017/9/13

「何のために?」を常に考え、舵取り-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4 2017/9/8

病院間の「調整」、具体的やりとりは水面下-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.2 2017/9/6

医師から弁護士、そして政治家へ-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.1 2017/9/4

「奈良あんしんネット」を全県下に-広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.2 2017/9/4

京都府全体、「1つの同門」を目指す-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.3 2017/9/4

地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞... 2017/8/31