m3.com トップ>医療維新>インタビュー>「何のために?」を常に考え、舵取り - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4

「何のために?」を常に考え、舵取り - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4

森前会長のシンクタンクも“活用”

2017年9月8日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――3つの重要課題のうち、最後が医療安全対策です。はい。医療安全には、例えば患者さんの転倒・転落、薬の取り違えなど、院内のマネジメントに起因するシステムエラーと、医師をはじめ医療者の技術や知識が原因で発生するヒューマンエラーがあります。我々府医師会は、その両方とも対象にして取り組んでいます。松井道宣会長は、好きな言葉として、「何のために」を挙げる。「ゴールではなくて、どちらを向いているのかを常に明確にしておきたい」対策の一環として、医療安全について情報提供をしたり、勉強会などを開催しています。そ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

創始者の辻本氏「私はちっとも賢い患者じゃなかった」-山口育子・認定NPO法人ささえあい医療... 2018/10/12

北海道地震で起こった“想定外”-古家乾院長・JCHO北海道病院に聞く 2018/9/12

70億人を幸せにするため、目の前の5万人を―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.4 2018/9/6

医師集めの切り札、高校生と高齢医師―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.3 2018/8/30

公立病院、2億円収支改善のための秘策とは―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.2 2018/8/20

36歳院長の公立病院改革―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.1 2018/8/13

余命わずか、「患者の気持ちは揺れ動く」と知ってもらいたい‐iACP共同代表らに聞く◆Vol... 2018/7/21

医師が作った「もしバナゲーム」、知っていますか?‐iACP共同代表らに聞く◆Vol.1 2018/7/16

プライスレス、ACPの神髄‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆Vol... 2018/7/4

病院はACPに向いてない!でも…‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆... 2018/6/29

ACPは既に地域の医師が実践‐西川満則・国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆... 2018/6/24

埼玉の“西の守り”としての使命-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科... 2018/6/13

子育てと仕事の両立は女性医師だけの問題にあらず―力山敏樹・自治医大さいたま医療センター副セ... 2018/6/12

大学病院における総合診療医育成の在り方-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地... 2018/6/6

医局員の4分の1が女性医師の外科、子育ても手術もこなす―力山敏樹・自治医大さいたま医療セン... 2018/6/5

大学救命救急センターにある総合診療科の役割-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療... 2018/5/30

「佐賀は日本の医学に大きな貢献」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/5/23

医療の問題「一番は大学の衰退」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.2 2018/5/11

国立病院機構から地独法病院の理事長へ-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vo... 2018/5/2

HPVワクチン「国の意思決定に必要なデータそろう」-鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆... 2018/4/11