m3.com トップ>医療維新>レポート>分娩施設集約化は「崩壊決定的に」と危機感

分娩施設集約化は「崩壊決定的に」と危機感

神戸の無痛分娩死亡事故、報告書の一部公表

2017年8月8日 水谷悠(m3.com編集部)


神戸市西区の産婦人科医院「おかざきマタニティクリニック」(岡崎光男院長)で2015年9月に無痛分娩で出産した女性が今年5月に死亡し、男児も重い障害を負った事故に関し、クリニックの代理人で日本産婦人科協会の顧問も務める井上清成弁護士や同協会事務局長の池下久弥氏が8月8日に都内で記者会見し、事故についての「院内検討委員会報告書」の一部や、これを受けた同協会による緊急声明、クリニックについての「安全宣言」を公表した。緊急声明では、神戸のほか、京都などでも常勤医師1人体制の診療所で無痛分娩に関する医療事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

健康格差に関する行動指針、「三重宣言2018」公表 2018/6/17

外国人診療、「医療機関ではどうにもならない問題」 2018/6/16

「診療報酬を故意に不正・不当請求」、国は答弁書で特定せず 2018/6/14

日医会長選「サプライズを!」、塩見氏 2018/6/14

日病協、「医療費推計そのものの見直しを」 2018/6/13

日医会長選挙、現職横倉氏のほか、塩見氏が立候補 2018/6/13

千葉大病院でCT報告書確認ミス、2人死亡 2018/6/8

薬の広告規制違反でペナルティー強化、「不当利得」返還も 2018/6/7

「医療が取り残されることあってはならない」横倉会長 2018/6/7

精神保健指定医不正申請への行政処分完了、今回は34人 2018/6/7

遠隔服薬指導を含めたオンライン医療推進、規制改革委が答申 2018/6/5

横倉日医会長、4期目目指し出馬表明、注目は副会長選挙 2018/6/3

“割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る 2018/6/2

国がん、国循、長寿が役割や課題を陳述 2018/6/1

都道府県の医療機関情報サイト、口コミやQIを載せるべきか 2018/6/1

横倉日医会長「社会保障は政争の具にしてはならない」 2018/5/31

オンライン服薬指導の実証実験開始へ、国家戦略特区の愛知県、福岡市、養父市で 2018/5/31

昭和大病院、ICUの遠隔モニター「eICU」運用開始 2018/5/30

医療データ利活用の「情報基本法」の制定目指す 2018/5/29

「ビッグデータ・AIは今後特に力を入れる領域」日本消化器病学会が委員会設置 2018/5/29