m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>産婦人科後期研修医の自死、労災認定

産婦人科後期研修医の自死、労災認定

代理人弁護士「産婦人科医療がそうさせている」

2017年8月10日 高橋直純(m3.com編集部)


東京都内の公的医療機関の産婦人科に勤務していた男性医師(30代半ば)が2015年7月に自死したのは、時間外労働が月170時間を超えるなど長時間労働が原因だったとして、労災認定されたことが明らかになった。8月9日に記者会見を開いた遺族側弁護士の川人博氏は長時間労働の背景を「産婦人科医療がそうさせている。あまりにも仕事が多く、人数が足りていないことに尽きる」と訴えた。川人博弁護士(中央)は過労死弁護団全国連絡会議幹事長などを務めている男性医師は2010年4月に医師免許を取得。2013年から産婦人科の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

「独自の医師労働法制」を要望、四病協 2018/4/18

「劇的な労働時間短縮は困難」全自病アンケート 2018/4/13

日医「勤務医の健康支援を中心に」 2018/4/12

次回以降「本丸」の上限規制など議論 2018/2/16

「女性活躍なくして産婦人科立ちゆかぬ」 2018/2/15

日病会長、「医師は普通の労働者と違う」 2018/1/22

医師の勤務実態、大学と大学以外で顕著な差 2018/1/16

働き方改革の緊急対策、労働時間管理など5項目は「当然」 2018/1/15

年明けに中間整理、厚労省「医師の働き方検討会」 2017/12/25

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25