m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>産婦人科後期研修医の自死、労災認定

産婦人科後期研修医の自死、労災認定

代理人弁護士「産婦人科医療がそうさせている」

2017年8月10日 高橋直純(m3.com編集部)


東京都内の公的医療機関の産婦人科に勤務していた男性医師(30代半ば)が2015年7月に自死したのは、時間外労働が月170時間を超えるなど長時間労働が原因だったとして、労災認定されたことが明らかになった。8月9日に記者会見を開いた遺族側弁護士の川人博氏は長時間労働の背景を「産婦人科医療がそうさせている。あまりにも仕事が多く、人数が足りていないことに尽きる」と訴えた。川人博弁護士(中央)は過労死弁護団全国連絡会議幹事長などを務めている男性医師は2010年4月に医師免許を取得。2013年から産婦人科の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

医師増員、唯一絶対のソリューション-新保秀人・三重県立総合医療センター院長に聞く◆Vol.... 2018/8/6

横倉日医会長「医療提供体制と医師の健康、両立を」 2018/7/27

「集約化と患者の意識改革」-小林順二郎・国立循環器病研究センター病院長に聞く◆Vol.2 2018/7/17

松本・日医常任理事、「過労死ライン超えた働き方も」 2018/7/11

時間外労働「医師の特別条項」など提言、日医主導会議 2018/7/10

「緊急的な働き方改革」、実施は大学30.3%、大学以外26.8% 2018/7/10

大学病院の臨床系教員は「裁量労働制」を 2018/7/10

国立大学病院の借金返済、2020年度に滞る? 2018/7/10

「時間外上限300時間」報道の国循、勤務実態は!?-小林順二郎・国立循環器病研究センター病... 2018/7/8

「“医療は特殊”では思考停止」、「女性支援は男性支援に」 2018/7/4

労基署介入「労働時間の短縮のみ、センスがない」、聖路加・福井院長 2018/7/4

医師の時間外労働、「結論早まる可能性」厚労省・鈴木医務技監 2018/7/2

「真の医師の働き方改革とは何か」、武田厚労省医政局長 2018/6/28

「たらい回しできない」、多忙な救急-柳辺安秀・宮崎県立延岡病院長に聞く◆Vol.2 2018/6/27

「医療崩壊地域」払拭目指した延岡市◆Vol.1 2018/6/20

自民・医師の働き方改革PT「裁量労働制」の検討方針 2018/6/15

医師の働き方改革は「病院管理者の働かせ方改革」、全医連シンポ 2018/6/12

「医師の働き方、ベテランと若手で意識に差」 2018/5/29

「独自の医師労働法制」を要望、四病協 2018/4/18

「劇的な労働時間短縮は困難」全自病アンケート 2018/4/13