m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>薬価制度改革、「3点セット」で議論を

薬価制度改革、「3点セット」で議論を

長期収載品、後発品は減、革新的新薬は増

2017年8月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は8月9日の中央社会保険医療協議会薬価専門部会(部会長:中村洋・慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)で、前回に続いて薬価制度の抜本改革について「これまでの議論のまとめ②」議論の整理を行った(資料は、厚生労働省のホームページ。前回の記事は『原価計算方式への批判続出、「企業の言い値か」』を参照)。今回取り上げたのは、後発医薬品、長期収載医薬品、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の3項目。健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「特許が切れた医薬品は、速やかに後発医薬品に道を譲るべき」と指摘し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

厚労省の2018年度薬価制度改革案、5つの柱 2017/11/22

長期収載品は「後発品」まで段階的引き下げ、薬価制度改革案 2017/11/22

療養病棟入院基本料の一本化を提案 2017/11/17

「地域包括ケア」「専門医療提供」、有床診に二つのモデル 2017/11/17

「複数名での訪問看護、算定回数制限を」 2017/11/16

新薬12成分、25品目の薬価を了承 2017/11/15

「複数医療機関による訪問診療」、診療報酬で評価 2017/11/13

「不都合感じず」「患者の心理的抵抗大」、介護保険への移行困難な理由 2017/11/12

処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少 2017/11/11

費用対効果評価、企業と第3者の分析に開き 2017/11/11

「自己負担額なし患者」にも明細書の無料発行が普及 2017/11/11

「残薬の相談経験あり」、患者の14.2% 2017/11/10

厚労省、「医療経済実態調査の結果は適切」 2017/11/10

紹介状なし定額負担、どこまで拡大? 2017/11/10

診療側、働き方改革で診療報酬上の対応求める 2017/11/8

医療法人の無床診、経営改善は皮膚科のみ 2017/11/8

年収は3126万円、医療法人病院長がトップ 2017/11/8

一般病院の損益マイナス4.2%、過去3番目の悪さ、2016年度改定後に悪化 2017/11/8

健保連幸野氏、ARBの使用実態を問題視 2017/11/3

多剤・重複投薬の適正化、薬剤師から医師への「処方提案」で 2017/11/2