m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>薬価制度改革、「3点セット」で議論を

薬価制度改革、「3点セット」で議論を

長期収載品、後発品は減、革新的新薬は増

2017年8月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は8月9日の中央社会保険医療協議会薬価専門部会(部会長:中村洋・慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)で、前回に続いて薬価制度の抜本改革について「これまでの議論のまとめ②」議論の整理を行った(資料は、厚生労働省のホームページ。前回の記事は『原価計算方式への批判続出、「企業の言い値か」』を参照)。今回取り上げたのは、後発医薬品、長期収載医薬品、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の3項目。健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「特許が切れた医薬品は、速やかに後発医薬品に道を譲るべき」と指摘し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事