m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「人生の最終段階」、悩みさまざま

「人生の最終段階」、悩みさまざま

「延命不要」、「充実した人生を」

2017年8月22日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省の「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」の第1回会合が8月3日に開催され、10月から一般国民、医師、看護職員、介護老人福祉施設の介護職員、各施設長を対象に意識調査が行われることになった。一般国民には自らの人生の最終段階について問い、医師、看護職員、介護職員向けには担当する患者や家族との話し合いなどについて問う内容だ(資料は厚労省のホームページ、記事は『「人生の最終段階における医療」の議論、厚労省開始』を参照)。医療者といえども一般国民の立場でもあることから、m...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事