m3.com トップ>医療維新>レポート>新薬の7成分、10品目の薬価を承認、収載は8月30日

新薬の7成分、10品目の薬価を承認、収載は8月30日

スピンラザ髄注の薬価932万424円、米独よりは安価

2017年8月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は8月23日、新薬の薬価を承認した。7成分(内用薬4、注射薬3)、10品目(内用薬6、注射薬4)で、薬価基準収載は8月30日の予定(資料は、厚生労働省のホームページ)。委員の関心が高かったのは、乳児型脊髄性筋萎縮症の治療薬であるスピンラザ髄注(一般名ヌシネルセンナトリウム)。類似薬がないため、原価計算方式で算定され、932万424円(12mg5mL、1瓶)の高薬価。乳児の場合、1回当たり日齢に応じて9.6mg~12m...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

横倉会長「参院選挙後に厳しい議論」、骨太方針2019に見解 2019/6/20

“病棟のかかりつけ医”、病院総合医活用で成果-済生会熊本病院◆Vol.1 2019/6/17

猪口・全日病会長の2期目決定、5人の副会長も続投 2019/6/15

「UHCに関する東京宣言」、WMA・JMA主催の「H20」で採択 2019/6/14

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控えから6年、「早期再開を」 2019/6/13

オンライン診療実施医師は研修必修に、指針改定案まとまる 2019/6/11

「ACP導入で高齢者医療費を削減」、老年医学会理事長は否定 2019/6/10

老年医学会「適切なACP推進」を提言 2019/6/10

2020年度内に医療従事者向けAI教育プログラムを構築、厚労省 2019/6/7

「データの利活用の促進」主眼、規制改革推進会議が第5次答申 2019/6/7

「医師少数区域等を支援する機能」、全地域医療支援病院に必要か 2019/6/6

特定機能病院の承認要件見直し、厚労省案でまとまらず 2019/6/6

妊婦加算「そのまま再開は不適当」 2019/6/6

承認から8年目、ロタワクチン定期接種化に向けた審議続く 2019/6/6

2020年度改定「医師偏在是正」要望へ、「地域医療を守る病院協議会」 2019/6/5

日医会長「まずは都道府県内の医師偏在是正を」 2019/6/5

加熱式たばこの“禁煙推進抑止効果”に警鐘 2019/6/4

遺体を取り違えて解剖、遺族に謝罪、仙台厚生病院 2019/6/3

公立福生病院の透析終了、「真摯な意思は明らか」 2019/6/1

「卒前・卒後教育のシームレス化」提言へ、AJMC 2019/6/1