m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>紛糾の費用対効果評価、年内「骨子」目指す

紛糾の費用対効果評価、年内「骨子」目指す

新規支払い意思額調査は今後具体案検討

2017年8月23日 水谷悠(m3.com編集部)


支払い意思額調査の実施内容をめぐり議論が停滞している中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は、8月23日の会議で今後のスケジュールなどについて議論した。厚生労働省が(1)試行的導入は、薬価と保険医療材料の両専門部会との合同会議も行いながら、評価基準の設定方法と価格調製方法を検討、(2)制度化に向けては11月以降議論し、年内の骨子の取りまとめを目指す、(3)制度化に際して新たに行う支払い意思額(仮称)調査は、実施の在り方や調査方法、その後の活...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事