m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>ドイツに倣い「ドクターサロン」◆Vol.13

ドイツに倣い「ドクターサロン」◆Vol.13

2017年9月13日 橋本佳子(m3.com編集長)


――労働組合問題が解決に向かうにつれ、減少していた患者も増加に転じ、済生会中央病院の経営が上向き始めた。一時は大変だったけれど、医療をやりたいという思いは、皆一緒。済生会中央病院には、主に慶應大から若くて、新進気鋭の実力のある医師がたくさん来ていた。僕もまだ30代で、先輩でもせいぜい3~5歳上くらい。「いい医療をやれば、患者を救える。それでまた患者が来るようになれば、給料も上がる」。そう考えていた。単純な話だよ。だから皆、一生懸命に医療をやった。僕がちょうど頸動脈内膜剥離術(CEA)の手術を神経...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医に関する記事(一覧

納得できる最期と“死”、自ら選ぶ◆Vol.30 2017/9/30

母校の慶應大医学部でも講義◆Vol.29 2017/9/29

82歳、愛車は「ポルシェ930ターボ」◆Vol.28 2017/9/28

特養での平穏死、「常勤医」が必要◆Vol.27 2017/9/27

平穏死宣言、方法は「2択」で可◆Vol.26 2017/9/26

『「平穏死」のすすめ』、最初は出版断られる◆Vol.25 2017/9/25

「医療を押しつけないでほしい」、看護師の遺言◆Vol.24 2017/9/24

「いい加減にしろ」家族とも喧嘩◆Vol.23 2017/9/23

“モンスター”家族がホームを変えた!◆Vol.22 2017/9/22

特養は「誤嚥性肺炎製造工場」だった◆Vol.21 2017/9/21

裁判の9年、逆境にめげず手術続行◆Vol.20 2017/9/20

「副院長は解任」、納得できず病院を提訴◆Vol.19 2017/9/19

ホスピスの祖、「シシリー・ソンダース」訪問◆Vol.18 2017/9/18

「医療の意味」とは何か?77歳患者の死◆Vol.17 2017/9/17

「手術は100%成功した」と記者会見◆Vol.16 2017/9/16

ジャイアンツの投手、再起をかけた手術◆Vol.15 2017/9/15

手術にひたすら没頭した20年間◆Vol.14 2017/9/14

ドイツに倣い「ドクターサロン」◆Vol.13 2017/9/13

岡本太郎の言葉、「病院という名前がいかん」◆Vol.12 2017/9/12

「宮仕えは嫌」、大学に戻らず◆Vol.11 2017/9/11