m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 

火曜日、金曜日に更新

2017年9月12日 久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【33】札幌出張の後、時間は速やかに流れた。整形外科の山根医師や、東京から来た若い理学療法士たち単身赴任組が妻子の許や実家に帰省するなか、年末から正月にかけて健太朗は病院の宿直を一手に引き受けた。そして松の内が開けると、院長の指示の下、すでに実質的に中盤戦に突入していた富産別市長選挙を見据えて、金子市長側と村田市議側の双方に接触を図った。バトラー病院の再生・存続に向けて積極的にアピールしていったのである。市長選は町興しや、福祉予算、人口問題など...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

新米医師の抱負が見え隠れしていた【連載小説「朔風」第129回】 2018/1/23

誰もが泥舟から逃げ出そうとしている【連載小説「朔風」第128回】 2018/1/19

手を差し伸べてきたのは看護師たちだった【連載小説「朔風」第127回】 2018/1/16

今夜で最後にするつもりなのだ…【連載小説「朔風」第126回】 2018/1/12

心変わり【連載小説「朔風」第125回】 2018/1/9

「作戦会議って言ったのは実は口実なの」【連載小説「朔風」第124回】 2018/1/5

どうせ夏が終わったら帰るんだから【連載小説「朔風」第123回】 2018/1/2

「市長のお手並み拝見かな」【連載小説「朔風」第122回】 2017/12/29

市長との話し合い【連載小説「朔風」第121回】 2017/12/26

「吉川くんについて、どう思う?」【連載小説「朔風」第120回】 2017/12/22

彼女についての記述【連載小説「朔風」第119回】 2017/12/19

院長の遺言【連載小説「朔風」第118回】 2017/12/15

それから1年2カ月後【連載小説「朔風」第117回】 2017/12/12

会話はほとんど弾まなかった【連載小説「朔風」第116回】 2017/12/8

「ずっと傍にいるから」【連載小説「朔風」第115回】 2017/12/5

二人の関係【連載小説「朔風」第114回】 2017/12/1

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第113回】 2017/11/28

「やって来るのが遅すぎます!」【連載小説「朔風」第112回】 2017/11/24

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】 2017/11/21

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17