m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】

火曜日、金曜日に更新

2017年9月15日 久間十義(小説家)


[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生がそんな突き放した見方をしているんじゃ、二人のうちどっちが市長になったところで、こちらの言い分に耳を傾けてくれるとも思われませんね」と健太朗は言葉を返した。「もう少し柔軟に、市長候補者の心をくすぐるようなアプローチをしなければ、バトラー病院の問題は等閑視されてしまうんじゃありませんか?」院長は朗らかに笑った。彼の意見にいや、いや、と首を振って言った。「良薬は口に苦し、と言うじゃないか。誰が市長に選ばれるにせよ、こちらの言い分に耳を傾け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】 2017/10/3

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】 2017/9/29

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】 2017/9/26

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】 2017/9/22

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】 2017/9/8

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】 2017/9/5

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】 2017/9/1

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】 2017/8/29

ベッドサイドに置いていた携帯が鳴った【連載小説「朔風」第86回】 2017/8/25

「『病院をやめてしまえ!』というのは、どう考えても乱暴な意見でしょう」【連載小説「朔風」第... 2017/8/22

先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】 2017/8/18

「オマエを北斗医大の医局に迎え入れたいくらいだよ」【連載小説「朔風」第83回】 2017/8/15

事務方だけはそのまま既得権は死守という訳だ【連載小説「朔風」第82回】 2017/8/11